京都弁護士会所属 田中彰寿法律事務所 京都の中堅・中小企業のための法律事務所

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

弁護士 遠藤 賢

えんどう さとる  Satoru Endo

  • 弁護士 遠藤 賢

  • 京都弁護士会所属

  • 所属委員会:
    • 法律相談センター運営委員会
    • 民暴・非弁取締委員会
    • 中小企業法律支援センター運営委員会
    • 消費者・サラ金被害救済センター運営委員会
    • 日弁連 弁護士保険ADR運営委員会
    • 近弁連 法律相談・法律支援等委員会



  •  京都市中京区出身です。
  •  意外に思われるかもしれませんが、けっこう涙もろいところがあります。映画を見て、よく泣いています。 私は、身近な法律のトラブルを解決するお手伝いがしたいと考え、弁護士を志望しました。
  •  私自身、法律のトラブルとは無関係だと思っていましたが、実際に父を亡くしたときに相続問題に直面し、また、交通事故の当事者になるなどの経験をしました。私は、こんなにも不安で大変なことはないと感じました。
  •  法律は身近なものであり、私達が法律のトラブルに巻き込まれる可能性は常にあります。法律のトラブルは決して他人事ではありません。
  •  私は、法律と人の気持ちの隙間を埋めることができるようなお手伝いがしたいと考えています。
  •  たとえば、法律上ペットは物として扱われていますが、「あなたにとってペットとは?」との質問に、ほとんどの飼主は「家族。」と答えるのではないでしょうか。
  •  まずは弁護士に相談してみて下さい。



所長からひとこと

所長から一言

  • 学習塾運営の経験を生かし、依頼者に接しよう。


平成30年9月2日 
健康保険法改正研究会シンポジウムに出席しました

  •  厚生労働省地方厚生局による保険医療機関(医師・歯科医師)に対する適時調査、個別指導、監査の立会業務に取り組むため、当事務所でも研究に取り組んでいます。
  •  現行の健康保険法において、行政により行われている適時調査、個別指導・監査は、必ずしも適法な手続のもとで行われているとは言えません。
  •  保険医指定の取消という、医療機関にとって極めて致命的な処分を行う権限が行政にあるために、医療機関は行政に従わざるを得ず、そのために、本来であれば応じる必要の無い診療報酬の返還に応じているのも事実です。
  •  また、度重なる指導、監査により医師に課される時間的・精神的負担は非常に深刻です。
  •  このような医療費抑制を目的として行われる、行政の不適法な手続を野放しにすることにより、医療機関の利益、ひいては国民患者の受療権が侵害され兼ねません。医療機関の正当な利益を守り、国民患者の受療権を守るため、当事務所では、今後も研究に取り組んで参ります。